2022年3月14日月曜日

第74回魚類自然史研究会プログラム決定!!

みなさま

第74回魚類自然史研究会のプログラムが決定しました。参加申し込みは3月18日(金)まで期間を延長して、受け付けております。みなさまのご参加をお待ちしています!第74回魚類自然史研究会【日 時】2022年3月21日(月・祝)10:30~17:00【会場】Web会議ツールzoom( https://zoom.us/ )を用いて開催します。参加にはインターネット接続環境が必要となります。また発表者はビデオ・マイク機能が搭載・接続されたパソコン(タブレット、スマートフォンでも可)が必要です。開催時間中、休憩室としてブレイクアウトルームも用意しております。使用される方は、Zoomの最新バージョン(現在 バージョン5.9.7)をご使用ください。開催日前の3月19日(土)~20日(日)の間に参加者申込者にのみウェブ会場となるURLと要旨集をお送りします。※開催時間中、自由に参加・退室できますので、研究発表会へは途中からでも参加いただけます。【プログラム】現時点では申込時に記載された発表者のお名前のみ記載しております。要旨集や正式なプログラムには共同研究者のお名前も掲載します。※発表時間は12分、質疑応答は3分程度です。10:30~ 開会・進め方の説明など10:40~ 大和川水系石川におけるオオシマドジョウの生活史奥川陽平・櫻井哲平(大阪府立富田林高等学校科学部)10:55~ 石川の魚類相の変遷 ~その要因についての一考察~松尾恭加・梅川翔平(大阪府立富田林高等学校科学部)11:10~ 十日町市に生息するシナイモツゴ個体群間の形態ならびに遺伝的変若井鈴加(新潟県立十日町高等学校生物部)11:25~12:00 高校生セッション交流企画「中高校生に広がる魚類自然史研究会」休憩 12:00-13:0013:00~ 堺噺根來 央(金魚坊主)13:15~ 日本における雷魚移入の歴史藤田朝彦((株)建設環境研究所)13:30~ ブラックバス・バレン ― 市民活動のヒント斉藤憲治((一社)水生生物保全協会)13:45~13:55 休憩13:55~ ペタキン保護のためのミナミタガイ飼育繁殖藤田 衛(近畿大学大学院農学研究科)14:10~ イチモンジタナゴ特異的プライマーの開発と環境DNA分析への利石井良典(香川大学農学部)14:25~ 繁殖期が異なり、排他的に生息するタナゴ類の繁殖をめぐる種間相互作用について西野大輝(滋賀県立大学大学院環境科学研究科)14:40~ タナゴ類の繁殖戦略研究の新展開小北智之(九州大学大学院農学研究院)14:55~15:05 休憩15:05~ ムギツク Pungtungia herzi の遺伝学的および形態学的分析による集団構造の推定上町竣太郎(長崎大学水産学部)15:20~ ホンモロコはなぜ水位低下に弱いのか(ホンモロコの陸上産卵)藤岡康弘(滋賀県立琵琶湖博物館)15:35~ 琵琶湖周辺で魚が利用できる水田の2000年代から2020年代における変遷金尾滋史(滋賀県立琵琶湖博物館)15:50~16:00 休憩16:00~16:25 琵琶湖畔での30余年、まだまだ“魚屋”になれない私中井克樹(滋賀県立琵琶湖博物館)16:25~16:50 琵琶湖流入河川の瀬切れとトウヨシノボリの遡上動態遊磨正秀(龍谷大学先端理工学部)オンライン懇親会 19:00-【懇親会】いわゆる「オンライン飲み会」になりますが、Zoomを活用した懇親会の部屋を作る予定をしています。研究会参加者にURLを通知します。【費用】参加費無料です。【参加申し込みについて】参加をご希望の方は以下の申込フォームに必要事項を記入してください。https://forms.gle/oXALZ4KDK4xTL5GL7※参加,懇親会の申し込み締め切りは3月18日(金)まで延長しました。※今回、当日参加はできませんので、参加のみの方もお早めにお申し込みください。

2022年3月2日水曜日

ボテジャコ26号発刊のお知らせ!

魚類自然史研究会参加者の皆様


来る74回魚類自然史研究会の開催日3月21日に合わせて,今年もボテジャコ(26号)を発刊いたします.■ボテジャコ26号 全70ページ2021年3月21日発刊予定 1冊1200円 送料無料目  次藤本 泰文    1959年に書かれたゼニタナゴの児童小説「しんじゅの家」内藤 順一    広島県芦田川産アユモドキの標本について新刊案内: 内藤 順一 監修・写真,眞田 恭司 聞き書き      ヒバゴンと間違えられた男  川魚に恋した“先生”のつぶやき川口 晃志郞    奈良学園登美ヶ丘キャンパスにおける郷土の魚類生息環境の再生の試み金尾 滋史    「あつまれどうぶつの森」の淡水魚類相清水 義孝    ネコギギに関する一考察新刊案内: 嶋田 哲郎 著,森本 元 監修      知って楽しいカモ学講座 ― カモ・ガン・ハクチョウのせかい田畑 諒一    水族展示の裏側 ~ 照明更新編 ~斉藤 憲治    アメリカザリガニとニホンウナギ第72回 魚類自然史研究会講演要旨第73回 魚類自然史研究会講演要旨■ボテジャコバックナンバー26号  1冊1200円25号  1冊1200円24号  1冊1200円23号  品切れお申し込みは(一社)水生生物保全協会botejako@jcom.zaq.ne.jpまで.ウェブ上でのご案内はhttp://www.fish-water.jpn.org/botejako.htmlにもあります.


2022年2月10日木曜日

第74回魚類自然史研究会のご案内

 みなさま


今年も琵琶湖では美しい氷魚が水揚げされていますが、みなさまにおかれましてはいかがお過ごしでしょうか。

第74回魚類自然史研究会ですが、COVID19オミクロン株が猛威を振るっている状況ですのでWeb開催を基本にしつつ、何とかハイブリッド型にできないか模索しています。大変な状況が続きますが、是非ご参加をご検討ください。


【日 程】

2022年3月21日(月)

発表演題数によって午前からか午後からか決定します。


【会 場】

Web会議ツールzoom( http://zoom.us/ )を用いて開催します。

そのため、オンラインでの参加にはインターネット接続環境が必要となります。また発表者はビデオ・マイク機能が搭載・接続されたパソコン、タブレット、スマートフォンが必要となります。

開催日2日前の3月19日(土)に参加者申込者にのみウェブ会場となるURLと要旨集をお送りします。

なお、ハイブリッド型で開催する場合、対面の会場は滋賀県立琵琶湖博物館です。10日前を目安に開催方法の最終的なご案内をいたします。


【費 用】

参加費無料です。ハイブリッド型開催になった場合、対面での参加者に限りボテジャコ代がかかります。


【参加申し込み・研究発表申し込みについて】

参加をご希望の方は以下の申込フォームに必要事項を記入してください。

https://forms.gle/oXALZ4KDK4xTL5GL7


※ 研究発表の申し込みの締切は2月28日(日)です(厳守)。

※ 参加の申し込み締め切りは1週間前の3月14日(月)です。

※ 当日参加はできませんので、参加のみの方もお早めにお申し込みください。

※ 懇親会については開催状況に応じて、開催方法ならびに開催の可否を決めたいと思います。


【研究発表について】

時間は1人15分(研究発表12分、質疑3分)を予定しております。

要旨は下記のページにて体裁をご確認のうえ、3月14日(月)までに事務局までご提出ください。

http://gyoruishi.blogspot.com/p/blog-page.html

要旨集作成の都合上、締切日以降の修正は受付できませんのでご注意ください。  


みなさまのご参加お待ちしております!


魚類自然史研究会事務局

2021年10月12日火曜日

プログラム決定!第73回魚類自然史研究会・シンポジウム

第73回魚類自然史研究会のプログラムが決定しました。また、今回は「緊急企画!タナゴ類の多様性と放流問題」と題してシンポジウムを開催します!
参加申し込みは引き続き10月23日(土)まで受け付けております(シンポジウムの参加も申し込みが必要です)。
みなさまのご参加をお待ちしています!

【日 時】
2021年10月30日(土)9:00~17:30

【会場】
今回もWeb会議ツールzoom( https://zoom.us/ )を用いて開催します。
そのため、参加にはインターネット接続環境が必要となります。また発表者はビデオ・マイク機能が搭載・接続されたパソコン(タブレット、スマートフォンでも可)が必要です。

開催時間中、休憩室としてブレイクアウトルームも用意しております。
使用される方は、Zoomの最新バージョン(現在 バージョン5.8.1)をご使用ください。

開催日2日前の10月28日(木)に参加者申込者にのみウェブ会場となるURLと要旨集をお送りします。

※開催時間中、自由に参加・退室できますので、研究発表会へは途中からでも参加いただけます。

【プログラム】
※現時点では発表者のお名前のみ記載しております。要旨集や正式なプログラムには共同研究者のお名前も掲載します。
※発表時間は12分、質疑応答は3分程度です。

8:55~ zoomの使い方
9:00~ 開会

1 9:05- 奈良学園登美ヶ丘キャンパスにおける魚類が生息しやすい環境づく
川口晃志朗(奈良学園登美ヶ丘高等学校)
2 9:20- 奈良公園内のニッポンバラタナゴ生息池の環境改善
駒井 藍(近畿大学大学院農学研究科)
3 9:35- 水族館から依頼された寄生虫病診断と自然史教育
浅川満彦(酪農学園大学)
4 9:50- 明治大正水族館教育噺
根來 央(金魚坊主)

休憩 10:05-10:15

5 10:15- カワヨシノボリの雄の腎臓の繁殖における役割
中西陽人(岐阜大学大学院教育学研究科)
6 10:30- 岐阜県産魚類を用いた魚類研究史-1890年から2020年までの研究論文について-
平野史也(岐阜大学教育学部)
7 10:45- 「ヤマトドジョウ」について
藤田朝彦((株)建設環境研究所)
8 11:00- 琵琶湖南湖の水位増減に伴うナマズ類の繁殖と稚魚の挙動
金尾滋史(滋賀県立琵琶湖博物館)

休憩 11:15-11:25

9 11:25- 岐阜県におけるタカハヤの系統地理
中島廉太朗(岐阜大学自然科学研究科
10 11:40- 琵琶湖淀川水系におけるヨシノボリ属交雑集団の遺伝的・形態的特徴と起源
国松翔太(京都大学大学院理学研究科)
11 11:55- コクチバスの分布拡大とその問題点
中井克樹(滋賀県立琵琶湖博物館)

12:10-13:25 昼休憩

【シンポジウム】
13:25- 「緊急企画!タナゴ類の多様性と放流問題」
13:30- 日本のタナゴ(北村淳一 三重県総合博物館)
13:45- タナゴ類の系統と進化(河村功一 三重大学生物資源学部)
14:00- 頭部側線系から見たタナゴ類の進化(川瀬成吾 滋賀県立琵琶湖博物館)
14:15- 種カゼトゲタナゴで見られた亜種内変異(山野ひとみ 倉敷芸術科学大学生命科学部)

14:30- 休憩

14:40- タナゴ類の移入問題(谷口倫太郎 岡山大学大学院環境生命科学研究科)
14:55- シロヒレタビラで見られる色彩の地理的変異(小山直人 NPO法人ニッポンバラタナゴ高安研究会)
15:10- タビラ類の地理的変異と放流問題 (伊藤 玄 龍谷大学生物多様性科学研究センター)
15:25- ニッポンバラタナゴの集団構造とタイリクバラタナゴ問題(高橋鉄美 兵庫県立大学自然・環境科学研究所)

15:40- 休憩

15:50- タナゴ類に関連したイシガイ類の外来種問題(上地健琉 近畿大学農学部)
16:05- タナゴ類の寄生虫について(浦部美佐子 滋賀県立大学環境科学部)
16:20- タナゴ類の飼育ブームと品種化に潜む課題 (金尾滋史 滋賀県立琵琶湖博物館)
16:35- 「放流したい」「放流してほしくない」…一番悩ましいのはヒトの問題(中井克樹 滋賀県立琵琶湖博物館)

16:50- 質疑応答・総合討論

連絡事項 17:30-

懇親会 19:30-


【懇親会】
いわゆる「オンライン飲み会」になりますが、Zoomを活用した懇親会の部屋を作る予定をしています。
開催日2日前の10月28日(木)に参加者申込者にのみ懇親会会場となるURLをお送りします。

【費用】
参加費無料です。

【参加申し込みについて】
参加をご希望の方は以下の申込フォームに必要事項を記入してください。

※参加,懇親会の申し込み締め切りは10月23日(土)です。
※今回、当日参加はできませんので、参加のみの方もお早めにお申し込みください。
発表者の方は10月17日までに要旨を事務局までお送りください

2021年9月3日金曜日

第73回魚類自然史研究会のご案内!

 みなさま


処暑の候、みなさまにおかれましてはいかがお過ごしでしょうか。
第73回魚類自然史研究会ですが、対面、ハイブリッドなどを検討しておりましたが新型コロナ蔓延の第5波により困難と判断し、今回もWeb開催とすることにいたしました。
みなさんに直接お会いできないのは残念ですが、Webでも有意義な場にできるよう努力してまいりますので、是非ご参加をご検討ください。

【日程】
2021年10月30日(土)
発表演題数によって午前からか午後からか決定します。

【会場】
Web会議ツールzoom( http://zoom.us/ )を用いて開催します。
そのため、参加にはインターネット接続環境が必要となります。また発表者はビデオ・マイク機能が搭載・接続されたパソコン、タブレット、スマートフォンが必要となります。
開催日2日前の10月28日(木)に参加者申込者にのみウェブ会場となるURLと要旨集をお送りします。

【懇親会】
いわゆる「オンライン飲み会」になりますが、Zoomを活用した懇親会の部屋を作る予定をしています。開催日2日前の10月28日(木)に参加者申込者にのみ懇親会会場となるURLをお送りします。

【費用】
参加費無料です。

【参加申し込み・研究発表申し込みについて】
参加をご希望の方は以下の申込フォームに必要事項を記入してください。
https://forms.gle/ETGMSL2RQJnH74V99

※ 研究発表の申し込みの締切月は10月3日(日)です(厳守)。
※ 参加,懇親会の申し込み締め切りは1週間前の10月23日(土)です。
※ 今回、当日参加はできませんので、参加のみの方もお早めにお申し込みください。

【研究発表について】
時間は1人15分(研究発表12分、質疑3分)を予定しております。
要旨は下記のページにて体裁をご確認のうえ、10月17日(日)までに事務局までご提出ください。
http://gyoruishi.blogspot.com/p/blog-page.html

要旨集作成の都合上、締切日以降の修正は受付できませんのでご注意ください。  

みなさまのご参加お待ちしております!

2021年3月3日水曜日

第72回魚類自然史研究会プログラムの決定!

 第72回魚類自然史研究会のプログラムが決定しました。

参加申し込みは引き続き3月7日(日)まで受け付けております。
みなさまのご参加をお待ちしています!

【日 時】
2021年3月14日(日)13:00~17:10

【会 場】
今回はWeb会議ツールzoom( https://zoom.us/ )を用いて開催します。
そのため、参加にはインターネット接続環境が必要となります。また発表者はビデオ・マイク機能が搭載・接続されたパソコン、タブレット、スマートフォンが必要となります。

開催時間中、休憩室としてブレイクアウトルームも用意しております。
使用される方は、Zoomの最新バージョン(現在 バージョン5.5.2)をご使用ください。

開催日2日前の3月12日(金)に参加者申込者にのみウェブ会場となるURLと要旨集をお送りします。

※開催時間中、自由に参加・退室できますので、研究発表会へは途中からでも参加いただけます。

【プログラム】
※現時点では発表者のお名前のみ記載しております。要旨集や正式なプログラムには共同研究者のお名前も掲載します。
※発表時間は12分、質疑応答は3分程度です。画面切り替えや音声チェックなどの時間を考慮して、余裕のあるひとり20分の時間をもたせています。

13:00-13:10
開会の挨拶・連絡事項・オリエンテーション

1  13:10- 宮崎県清武川へのシラスウナギの加入変動と沖合環境条件
宮武航大(近畿大学農学部水産学科)

2  13:30- タイリクバラタナゴの鍵刺激とは
吉澤梨桜・山本莉里花(大阪府立富田林中学校)

3  13:50- みんなで楽しむイチモンジタナゴ三重県在来個体群の生息域外保全
北村淳一(三重県総合博物館)

4  14:10- 飼育環境下におけるツチフキの自然産卵を目指した飼育技術の確立
武富鷹矢(滋賀県立琵琶湖博物館)

休憩 14:30-14:40

5  14:40- 高槻市立自然博物館に収蔵されている1970代の芥川産魚類標本・改訂版
花崎勝司(高槻市立自然博物館(あくあぴあ芥川))

6  15:00-  理科教材標本として残る絶滅種ミナミトミヨ
細谷和海(近畿大学)

7  15:20- 河川脊椎動物の群集動態における出水撹乱の直接・間接効果
中川 光(京都大学)

8  15:40- 琵琶湖からの遡上魚が河川生物群集に与える影響
倉澤 央(京都大学 生態学研究センター)

休憩 16:00-16:10

9  16:10- 宮城県伊豆沼・内沼集水域のため池で池干しによる駆除後に繁殖したとみられるオオクチバス
斉藤憲治(水生生物保全協会)

10 16:30- 滋賀県東部のため池群における魚類相とこれからの防災工事に向けての必要な連携
金尾滋史(滋賀県立琵琶湖博物館)

11 16:50- その時金魚が動いた~お殿様、研究者、金魚売りによるハネ魚の有効活用~
根來 央(金魚坊主)


連絡事項 17:10-

懇 親 会 19:00-21:00

【懇親会】
いわゆる「オンライン飲み会」になりますが、Zoomを活用した懇親会の部屋を作る予定をしています。
開催日2日前の3月12日(金)に参加者申込者にのみ懇親会会場となるURLをお送りします。

【費用】
参加費無料です。

【参加申し込みについて】
参加をご希望の方は以下の申込フォームから必要事項を記入してください。
※参加,懇親会の申し込み締め切りは3月7日(日)です。
※今回、当日参加はできませんので、参加のみの方もお早めにお申し込みください。

【お問い合わせ先】
魚類自然史研究会事務局
gyoruishi(あっと)gmail.com ← (あっと)を@に変換して入力してください。

2021年1月19日火曜日

第72回魚類自然史研究会のご案内!

第72回魚類自然史研究会を以下のような運びで開催することになりましたのでお知らせします!皆さんのご参加をお待ちしております.

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

みなさま,


初春の候,みなさまにおかれましてはいかがお過ごしでしょうか.
新型コロナウィルスが依然として猛威を振るう中、第72回魚類自然史研究会(東京大会)を対面で開催することは困難と判断し、前回と同様にWeb大会として、1日のみ開催することとなりました。
どのような形であっても長年続いてきた研究交流の場を絶やすことがないよう、幹事・事務局一同、努力してまいりますので、ぜひご参加をご検討ください。

【日程】
2021年3月14日(日)
発表演題数によって午前からか午後からか決めます。

【会場】
Web会議ツールzoom( https://zoom.us/ )を用いて開催します。
そのため、参加にはインターネット接続環境が必要となります。また発表者はビデオ・マイク機能が搭載・接続されたパソコン、タブレット、スマートフォンが必要となります。
開催日2日前の3月12日(金)に参加者申込者にのみウェブ会場となるURLと要旨集をお送りします。

【懇親会】
いわゆる「オンライン飲み会」になりますが、Zoomを活用した懇親会の部屋を作る予定をしています。開催日2日前の3月12日(金)に参加者申込者にのみ懇親会会場となるURLをお送りします。

【費用】
参加費無料です。

【参加申し込み・研究発表申し込みについて】
参加をご希望の方は以下の申込フォームに必要事項を記入してください。

https://forms.gle/BoivJjFQvddjsbap8


※研究発表の申し込みの締切は2月28日(日)です(厳守)。
※参加,懇親会の申し込み締め切りは3月7日(日)です。
※今回、当日参加はできませんので、参加のみの方もお早めにお申し込みください。

【研究発表について】
時間は1人15分(研究発表12分、質疑3分)を予定しております。
要旨は下記のページにて体裁をご確認のうえ、3月4日(木)までに事務局までご提出ください。
http://gyoruishi.blogspot.com/p/blog-page.html
要旨集作成の都合上、締切日以降の修正は受付できませんのでご注意ください。  

みなさまのご参加お待ちしております!

【お問い合わせ先】
魚類自然史研究会事務局